灰色(読み)はいいろ

  • かいしょく
  • かいしょく クヮイ‥
  • かいしょく〔クワイ〕
  • はいいろ はひ‥
  • はいいろ〔はひ〕

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では、そのまま「灰色」としている。一般に、木などを燃やした後に残るのようなの中間の色をさす。色名として使われるようになったのは近代とされる。英名はグレイ(grey)。無彩色の総称として用いることが多い。個別の色として示す時は鼠色よりも少し濃い。犯罪で黒白がはっきりしないときに「灰色」という使い方をするなど、あまりよいイメージではない。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいいろ
灰のような、白と黒との中間の色。ねずみ色。グレー。
希望がなく暗い気持ちで活気のないこと。「灰色の日々を送る」
《白とも黒ともはっきりしないところから》疑惑のあること。「容疑が灰色のまま釈放される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいいろ灰色
灰のような薄黒い色。ねずみ色。グレー。 -の空
暗い気持ちで、心に喜びのない状態。さびしく陰気なこと。 -の人生
黒と白の中間の色であるところから 犯罪などの容疑が、十分には晴れていないこと。 汚職疑惑のある-高官

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 はいいろ。
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉「青を帯びたる白若くは灰色(クヮイショク)の全景の暗処となり畢んぬ」 〔晉書‐郭璞伝〕
〘名〙
① 灰のように薄黒い色。ねずみ色。
※おとづれ(1897)〈国木田独歩〉上「地平線上は灰色の雲重りて」
② (黒と白の中間の色であるところから)
(イ) 主義主張・所属・様子などがはっきりしないこと。
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉一「田舎というものは定義を灰色にする」
(ロ) 法律に触れる行為をしているのかいないのか、はっきりしないこと。
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉一七「灰色政治家が現役で居坐っているのをみても」
③ (色相が陰鬱なところから) 陰気でさびしいこと。また、無味乾燥なこと。
灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉七「灰色でない日には幾分の快楽があったと云っても好い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰色の関連情報