ユニコーン企業(読み)ゆにこーんきぎょう

知恵蔵「ユニコーン企業」の解説

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、「ユニコーン企業」という言葉は、ベンチャーキャピタルの一つである、米カウボーイ・ベンチャーズの創業者が使い始めたといわれている。ユニコーン(Unicorn)は、額に一本の角が生えた伝説の生き物であり、ユニコーン企業は、ベンチャーキャピタルを始めとする投資家から、ユニコーンのようにまれで、巨額の利益をもたらす可能性のある企業として注目されている。
現在は上場しているフェイスブック社やツイッター社も、かつてはユニコーン企業であった。2015年1月に米フォーチュン誌が公開したリストによると、ユニコーン企業は、80社以上存在し、フェイスブック社やツイッター社のようなSNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を営む企業だけではない。同誌で取り上げられている代表的な企業には、中国のシャオミ(小米科技・Xiaomi)、米国のウーバー(Uber)、エアビーアンドビー(Airbnb)、 ピンタレスト(Pinterest)、ドロップボックス(Dropbox)などがある。
シャオミは、スマートフォンなどのハードウエアメーカーで、スマートフォンのシェアは世界3位。企業の評価額は460億ドル。ウーバーは、スマートフォン経由で、ハイヤーのような運転手付きの高級車を呼ぶことができるサービスを提供しており、評価額は412億ドル。
また、エアビーアンドビーは、世界各国の現地の人たちが、自宅などを宿泊施設として提供するインターネット上のサービスを提供する企業で、評価額は200億ドル。ピンタレストは、画像に特化したSNSを提供し、評価額は110億ドル。そして、ドロップボックスは、スマートフォンやパソコンのデータを共有できるオンラインストレージサービスを提供しており、評価額は104億ドルだ。

(横田一輝 ICTディレクター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「ユニコーン企業」の解説

ユニコーン‐きぎょう〔‐キゲフ〕【ユニコーン企業】

企業評価額が10億ドル以上の非上場ベンチャー企業。→デカコーン企業ヘクトコーン企業
[補説]が非常に少ないこと、また、有望なビジネスモデルをもちながら実質的な製品やサービスを生み出せていない状態を、の動物ユニコーンになぞらえたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android