ヨーロッパ報知(読み)よーろっぱほうち(英語表記)Вестник ЕвропыVestnik Evropï 

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ報知
よーろっぱほうち
Вестник Европы Vestnik Evrop 

帝政ロシアの雑誌。カラムジンがモスクワで創刊した隔週刊誌(1802~30)と、スタシュレービチがペテルブルグ(現サンクト・ペテルブルグ)で発刊した月刊誌(1866~1918)の二種類がある。前者はロシア最初の文芸・政治誌で、プーシキンらの文芸作品、ロシアの歴史、内外政策、西欧の政治情勢を報じて人気を得るが、のちに保守化して衰える。後者はリベラリズムにたつ総合誌で、作家ツルゲーネフ、歴史家ソロビヨフ、法律家コーニ、科学者メチニコフら当代の一流人が寄稿した。[箕浦達二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android