後者(読み)こうしゃ

精選版 日本国語大辞典「後者」の解説

こう‐しゃ【後者】

〘名〙
① 二つあげたうちのあとのもの。⇔前者
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「前者は娯楽を目的とし、後者(コウシャ)は諷誡を真相とす」
② あとから続く者。後世の者。
日本外史(1827)五「前者顧後者、以為追兵也」 〔春秋左伝‐隠公九年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「後者」の解説

【後者】こうしや

あとからの人。〔文子、上徳〕人は、無因循(いんじゆん)、常に後(おく)れて先んぜず。譬(たと)へば燎(しんれう)を積むに、後の上に處(を)るが(ごと)し。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android