コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウシェ Raouche

デジタル大辞泉の解説

ラウシェ(Raouche)

レバノンの首都ベイルートの一地区。西ベイルートと呼ばれるイスラム教徒地区の西岸部を指す。地中海に浮かぶ「鳩の」という巨大な岩があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラウシェの関連キーワードジョーンズ(Jasper Johns)テーラー(Paul Taylor)アート・アンド・テクノロジーコンバイン・ペインティングロサンゼルス現代美術館テクノロジカル・アートロビン ゾルコーヴィニコール クラウスアッサンブラージュラウシェンバーグ国立国際美術館ポップ・アート平和利用核爆発トゥオンブリーE.A.T.抽象表現主義偶然性の芸術アメリカ美術テュードア10月4日

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android