地中海(読み)ちちゅうかい(英語表記)Mediterranean Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地中海
ちちゅうかい
Mediterranean Sea

大西洋の付属海の一つで,東をアジア,北と西をヨーロッパ,南をアフリカに囲まれた内海。ジブラルタル海峡大西洋に,マルマラ海で黒海に,スエズ運河紅海にそれぞれ連絡している。面積は約 251万 km2。平均水深は 1400m,最大水深はギリシアのテナロン岬南西の 5005m。シシリー海峡を横断する海嶺によって西部と東部に2分される。ジブラルタル海峡が狭く (最狭部 13km) ,浅い (平均水深 365m) ため孤立性が高く,潮汐作用がほとんどなく,水温は約 13℃とほぼ一定し,塩分濃度は平均 34.5‰と高い。気候は夏は降雨が少く乾燥し,冬は温和で雨の多いいわゆる地中海性気候を示す。コルシカ,シチリア,クレタ,キプロスなど多くの島が点在し,ローヌ,ポー,ナイル川などが流れ込んでいる。また,一般に大陸間の海を地中海と呼ぶことがあるが,そのときはヨーロッパ地中海と呼び区別している。

地中海
ちちゅうかい
mediterranean sea

海洋を大きさや形によって分類した場合の一つ。陸によって囲まれた大きな海水域ないし内海で,狭い海峡によって外海と連絡している。大きさによって大地中海と小地中海とに分けることがある。前者にはヨーロッパ地中海 (狭義の地中海) ,北極海アメリカ地中海 (メキシコ湾カリブ海をまとめた海域) ,東インド諸島海 (スル海,セレベス海モルッカ海,ジャワ海などの総称) ,後者にはバルト海ハドソン湾,紅海,ペルシア湾があげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちちゅう‐かい【地中海】

付属海の一。陸地で囲まれ、狭い海峡大洋とつながっている海。ヨーロッパ地中海・北極海紅海など。

Mediterranean Sea》ヨーロッパ・アフリカ・アジアの三大陸に囲まれた海。南東はスエズ運河によって紅海に、西はジブラルタル海峡大西洋につながる。広義には黒海も含めていう。ヨーロッパ地中海。
富沢有為男の短編小説。昭和11年(1936)発表。同年、第4回芥川賞受賞。美しい地中海を背景に、人妻と画学生との愛欲生活を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地中海【ちちゅうかい】

英語ではMediterranean Sea。アフリカ北岸とヨーロッパ南岸,アジア西岸に囲まれ,ジブラルタル海峡で大西洋と通じる海洋。黒海を含め,約251万km2。平均水深1502m,最大水深5267m。中央部のイタリア半島によって東西の海盆に分けられ,イタリア半島の西方にリグリア海ティレニア海がある。東部,南部の海岸線は比較的単調であるが,北東部のアドリア海イオニア海エーゲ海では複雑。コルシカ,サルデーニャ,シチリア,クレタ,キプロスなどの島がある。沿岸は地中海式気候地中海火山帯がある。表面水温はわりに高く(平均水温13.35℃),塩分は大西洋や黒海に比べて高い。海峡部を除き,著しい表面流,潮汐(ちょうせき)はない。透明度は高い。前3000年ころからクレタ文明(ミノス文明),エーゲ文明が栄え,古代ギリシア,ローマ支配下では交通・貿易の舞台となり,〈地中海世界〉を形成した。7世紀に周辺地域の約2/3がイスラム教徒の支配下に入ってその統一性は失われたが,11,12世紀にはヨーロッパ内陸の生産力の増大を背景に,十字軍などを契機としてベネチアジェノバなどの都市が東方との貿易で繁栄。またこうした東西交流によって伝えられたイスラム文化や,イスラム経由でヨーロッパにもたらされた古代ギリシア文化がヨーロッパの革新を促した。新大陸開発後ヨーロッパにおける貿易の中心は大西洋岸諸都市に移ったが,1869年スエズ運河開通で,再びその重要性が増大した。→テチス海
→関連項目アルジェカルタヘナ(スペイン)大西洋地中海料理ヨーロッパ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちちゅうかい【地中海 Mediterranean Sea】

〈地中海〉という言葉は,ラテン語のメディウスmediusとテラterraに由来し,文字どおり〈大陸に囲まれた海〉のことで,北極海,オーストラリア・アジア間の地中海,ヨーロッパ地中海(広義には黒海を含む),紅海,瀬戸内海などがある。一般には,地中海といえばヨーロッパ地中海をさし,狭義でのヨーロッパ地中海(ラテン語では内海Mare Internumと呼ばれていた)は,ヨーロッパ南岸,アジア西岸,アフリカ北岸に囲まれ,面積約297万km2,東西3860km,南北700kmに及び,西はジブラルタル海峡で大西洋に,北はダーダネルス海峡でマルマラ海に,南東部ではスエズ運河を通じ紅海と結ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちちゅうかい【地中海】

周囲を大陸で囲まれた付属海。大洋とは海峡で通じる。ヨーロッパ地中海・アメリカ地中海・北極海などがある。
◇ 〔Mediterranean Sea〕 ヨーロッパ・アジア・アフリカの三大陸に囲まれた、東西に細長い内海。ジブラルタル海峡で大西洋に、ダーダネルス・ボスポラス両海峡で黒海に、スエズ運河でインド洋に通じる公海。ヨーロッパとアジアとを結ぶ重要な航路。沿岸はエジプト・フェニキア・ギリシャ・ローマなど古代文化の発祥地。別称、ヨーロッパ地中海。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地中海の言及

【海】より

…海岸近くの入江や,浦,潟(かた)を海とするか湖沼と呼ぶかは,多分に従来の習慣によっている。
【海の地球科学】

[海の分類]
 海を分類するには,その位置や大きさ,形状,海水の特性などにより,大洋と付属海に分け,付属海はさらに地中海(大・小地中海),縁海に分ける。大洋とは太平洋,大西洋,インド洋の三つであって,その他の海は,いずれもこれらのどれかに付属させる。…

【ヨーロッパ】より

…またもともと陸続きのアジアとヨーロッパとの境界線は,細部についての種々の議論があるにせよ,地理学の方では,大体北から南に走るウラル山脈を基軸として南に下がり,カスピ海から,黒海の入口ボスポラス海峡を結ぶ線とみるのが常識である。それゆえ面積の上では,ウラル山脈の西に広がる坦々たるロシアの大平原とその延長とが大部分を占めているわけで,西に進んでスカンジナビア半島とカルパチ(カルパティア),アルプスの両山脈にきて,初めて険しい山岳地帯に出くわし,やがて大西洋および地中海,あるいはまたバルト海,北海の複雑な海岸線に達するというのが,だいたいのヨーロッパの地形である。 またヨーロッパの気候は,アジアと比べればおおむね温暖で,海洋性気候の恩恵を受ける地域が多く,ロシアの内陸の乾燥地や極北および一部のステップ地帯のほかは,不毛の地はきわめてまれである。…

※「地中海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地中海の関連情報