コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラニチジン

栄養・生化学辞典の解説

ラニチジン

 C13H22N4O3S (mw314.41).

 抗ヒスタミン薬ヒスタミンのH2遮断薬の一つで,胃酸の分泌抑制などの目的で使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ラニチジンの関連キーワード胃潰瘍・十二指腸潰瘍ダイレクトOTCスイッチOTCシメチジン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android