コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・プレンサ La Prensa

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・プレンサ【La Prensa】

アルゼンチンを代表する新聞。1869年ブエノス・アイレスでパスJosé Clemente Pazにより創刊された。1951年から4年間ペロン政権下では停刊を余儀なくされたが,55年の軍事クーデタによるペロン追放後に復刊され,保守的な独立新聞として今日に至っている。《ナシオンLa Nación》と並ぶ二大有力紙である。部数約10万(1996)。このほかアルゼンチンには,すぐれた日曜版をもつ中間派のタブロイド紙《クラリンClarín》,英紙《ガーディアン》と契約して日曜版に《ガーディアン・ウィークリー》を付録につけている英字新聞《ブエノス・アイレス・ヘラルドBuenos Aires Herald》がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・プレンサの関連キーワードペレス・デ・アヤラニカラグア革命ニカラグアマリアテギチャモロ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android