コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・プレンサ La Prensa

1件 の用語解説(ラ・プレンサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・プレンサ【La Prensa】

アルゼンチンを代表する新聞。1869年ブエノス・アイレスでパスJosé Clemente Pazにより創刊された。1951年から4年間ペロン政権下では停刊を余儀なくされたが,55年の軍事クーデタによるペロン追放後に復刊され,保守的な独立新聞として今日に至っている。《ナシオンLa Nación》と並ぶ二大有力紙である。部数約10万(1996)。このほかアルゼンチンには,すぐれた日曜版をもつ中間派のタブロイド紙《クラリンClarín》,英紙《ガーディアン》と契約して日曜版に《ガーディアン・ウィークリー》を付録につけている英字新聞《ブエノス・アイレス・ヘラルドBuenos Aires Herald》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・プレンサの関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴピアソラミロンガプエルトイグアスドゴ・アルヘンティーノアルゼンチン・クリオージョ種 (Argentine Criollo)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・プレンサの関連情報