三郎(読み)サブロウ

デジタル大辞泉 「三郎」の意味・読み・例文・類語

さぶ‐ろう〔‐ラウ〕【三郎】

3番目に生まれた男の子三男

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「三郎」の意味・読み・例文・類語

さぶ‐ろう‥ラウ【三郎】

  1. [ 1 ] 〘 名詞 〙
    1. 三番目に生まれた男子。さむろう。
      1. [初出の実例]「さぶらうなりける子なん、よき御をとこぞいでこむとあはするに」(出典:伊勢物語(10C前)六三)
    2. ( 「清三郎(せいざぶろう)」の略 ) 酒をいう人形浄瑠璃社会の隠語
      1. [初出の実例]「なにが『ざぶろう』のさめ際で、こっぱり寤(さま)したれば」(出典滑稽本浮世床(1813‐23)二)
  2. [ 2 ] 七福神の一つ、夷(えびす)三郎のこと。
    1. [初出の実例]「ゑびす殿と某とは、一所にあるものなれは、三郎殿といひあはせて、きたりてあるぞ」(出典:虎明本狂言・夷大黒(室町末‐近世初))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版 「三郎」の解説

三郎 (サブロウ)

学名Occella iburia
動物。トクビレ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android