リアプロジェクションテレビ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リアプロジェクションテレビ

スクリーンの後ろから光を投影して画像を表示する方式のテレビ。マイクロディスプレイの利用により薄型化が進み、価格も比較的安価なため、北米では液晶テレビやプラズマテレビ以上に普及している。国内ではソニーがBRAVIA、エプソンダイレクトがLIVINGSTATIONを販売していた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

リアプロジェクションテレビ【rear projection television】

背面投影方式のディスプレーを備えたテレビ受像機。装置内の背面にある小型パネルから映像を投射し、前面スクリーンに映し出す仕組み。大画面の装置を実現できる。リアプロ-テレビ。リアプロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android