コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

映像 えいぞう image

翻訳|image

6件 の用語解説(映像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

映像
えいぞう
image

写真の語源フォトグラフ photograph (「光が描くもの」というギリシア語からの造語) が示すように,映像の特質は光の特質と結びついている。写真,映画,テレビは光がカメラレンズを通ることで,またホログラフィーレーザー光によって映像が形成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えい‐ぞう〔‐ザウ〕【映像】

光線の屈折または反射によって作られた像。
映画やテレビの画面に映し出された画像。
心の中に一つのまとまった姿として描き出された像。心象。イメージ。
[補説]曲名別項。→映像

えいぞう【映像】[曲名]

《原題、〈フランスImagesドビュッシーピアノ曲集。第1集(1905年作曲)と第2集(1907年作曲)、それぞれ3曲からなり、第1集第1曲「水の反映」がもっともよく知られる。また同名の管弦楽曲集がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

映像

フランスの作曲家クロードドビュッシーのピアノ曲集(1894, 1904-05, 07)。原題《Images》。第1集と第2集、それぞれ3曲からなる。第1集第1曲『水に映る影』が有名。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいぞう【映像】

映画・テレビ・写真などの画像のように、レンズを通して映し出された像。 「鮮明な-」 「 -文化」
頭の中に思い浮かんだ、ものの形やありさま。イメージ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

映像
えいぞう

「映像」ということばはテレビの普及以後、広く使われるようになった。それ以前は主として「影像」が使われており、これにはいわゆる映像メディアという考え方は含まれていない。テレビ以前の映画時代に、「映像」ということばがたまに使われてはいても、映画全体を含む広義の概念としてではなく、画面、または画面の像をさす狭義の意味で使われていることが多かった。「映像」が広く使われるようになったのは、「影像」のなかの二つの意味、一つは光線の屈折や反射作用などによって映し出された像、もう一つは絵姿、画像、肖像とがあわさって、写真や映画などの物理的、化学的手段によって出現した新しい性格の画像、をさすようになったからであろう。このほか、心的像という意味で使われることもたまにあるが、これは外来語の「イメージ」を使う場合が多い。
 テレビが普及し、さまざまな情報が視聴覚を通して、より具体的に迅速に伝わっていくにつれ、映画文化は主役から脇役(わきやく)へ退き、テレビ文化が生活に大きな役割を演じるようになった。現在、映像ということばを正確に定義するのはむずかしいが、写真、テレビ、映画を中心に、ビデオ、コンピュータ・グラフィクス、ホログラフィーなど、化学、電子、光学技術による再現または創作像をさしていることは確かであろう。このほか活字メディアへの写真、図版、劇画、イラストなどの大量の侵入をも含めて、広くかつ漠然と「映像文化」とか「映像世代」とかの呼び方がされている。
 映像の特質は、写真の語源「フォトグラフ」からわかるように、「光が描くもの」、すなわち光の特質とも重なっている。「写真うつりがよい」という意味で現在も使われているフォトジェニックphotogniqueということばは、19世紀なかばのフランス語に登場し、「光がつくりだす」という意味であったが、映画の誕生後、「光プラス精霊」という意味に置き換わった。いわゆる「フォトジェニー」論の始まりである。ここには、光への神秘観と同時に、レンズの目を通過した光が対象の本質をつかみとり、さらけ出すという、近代科学がもたらした「現実の発見」への驚異もみられる。こうした映像の二重性ともいうべき、強い現実感と幻影感は、このあと多くの論者によって、映像の特質として論じられていった。一般には、コミュニケーションや風俗、文化など社会学的観点から論じる場合が多いが、近年は言語学の成果を踏まえて、精緻(せいち)な映像分析がなされるようになってきている。[岩本憲児]
『岡田晋著『映像未来学』(1970・美術出版社) ▽岡田晋著『映像学・序説――写真・映画・テレビ・眼に見えるもの』(1981・九州大学出版会) ▽植条則夫編著『映像学原論』(1990・ミネルヴァ書房) ▽港千尋著『映像論――「光の世紀」から「記憶の世紀」へ』(1998・日本放送出版協会) ▽映像情報メディア学会編『映像情報メディア用語辞典』(1999・コロナ社) ▽映像情報メディア学会編『映像情報メディアハンドブック』(2000・オーム社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

映像の関連キーワード八雲愛人松柏砂山チェリー花菱映ゆ単館系《アメリカの夜――映画に愛をこめて》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

映像の関連情報