コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウィア・ドルシラ Livia Drusilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウィア・ドルシラ
Livia Drusilla

[生]前58.1.30.
[没]後29
ローマ皇帝アウグスツスの妃。前 38年前夫 T.ネロと別れてオクタウィアヌス (のちのアウグスツス) の妻となった。2人の間に子はなかったが,彼女は夫に強い影響を与え,政治についても助言した。また前夫との子チベリウスを帝位につけるため,次々と対抗者を暗殺したといわれる。美貌,聡明をうたわれ,夫の死後ユリア・アウグスタと称され,死後孫の皇帝クラウディウス1世によって神格化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リウィア・ドルシラの関連キーワードドルスス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android