美貌(読み)びぼう

精選版 日本国語大辞典「美貌」の解説

び‐ぼう ‥バウ【美貌】

〘名〙 美しい顔かたち。きれいな容貌。多く、女性の容貌についていう。
※万葉(8C後)一六・三八〇八・左注「乃彼鄙人之意彌増妻之情而作斯歌嘆美㒵也」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「しら雪と見まがふばかりの好男美貌(ビバウ)
※プールサイド小景(1954)〈庄野潤三〉「姉の美貌に惹かれて慕い寄って来る連中」 〔宋玉‐神女賦序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「美貌」の解説

【美貌】びぼう(ばう)

美しい顔だち。楚・宋玉〔神女の賦〕須臾(しゆゆ)のに、美貌生し、(かがや)くことの如し。

字通「美」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android