リードオフマン(読み)りーどおふまん(英語表記)lead-off man

知恵蔵mini「リードオフマン」の解説

リードオフマン

野球ソフトボール打順が1番の打者のこと。イニングごとの最初バッターをさす場合もある。勝率に大きく関わる先制点を狙うため、打率出塁率が高い選手がリードオフマンに起用される。幅広い球種に対応できる高い技術力と、飛距離が短くてもに出られる足の速さが必要となる。出塁してからはリードで相手投手にプレッシャーをかけたり、盗塁で進塁することが求められ、駆け引きの能力も問われる。日本のプロ野球の代表的なリードオフマンとしては柴田勲、真弓明信、高橋慶彦イチロー松井稼頭央、秋山翔吾らがいる。

(2020-4-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

とっさの日本語便利帳「リードオフマン」の解説

リードオフマン

先頭打者。打順が一番の選手を指す場合と、その回の先頭を指す場合とがあり、チャンスの糸口を作る。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉「リードオフマン」の解説

リードオフ‐マン(lead-off man)

野球で、一番打者。トップバッター。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android