コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオノーレ

デジタル大辞泉プラスの解説

レオノーレ

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの3つの序曲(1800-07)。原題《Leonore》。オペラフィデリオ』のために作曲された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

レオノーレ(〈ドイツ〉Leonore)

ベートーベン管弦楽曲。第1番から第3番まで、1804年から1807年にかけて作曲。オペラ「フィデリオ」の上演に際し序曲として演奏された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

レオノーレの関連キーワードフェルナンド(1世)(アラゴン王)ベートーベン(年譜)ヘルマン シュテールロルフ リーバーマンオットー ホイシェレパーシー アドロングラス・ハーモニカギュンターシュテール歌謡

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオノーレの関連情報