コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオノーレ

デジタル大辞泉プラスの解説

レオノーレ

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの3つの序曲(1800-07)。原題《Leonore》。オペラフィデリオ』のために作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

レオノーレ(〈ドイツ〉Leonore)

ベートーベン管弦楽曲。第1番から第3番まで、1804年から1807年にかけて作曲。オペラ「フィデリオ」の上演に際し序曲として演奏された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レオノーレの関連キーワードフェルナンド(1世)(アラゴン王)ベートーベン(年譜)ヘルマン シュテールロルフ リーバーマンオットー ホイシェレパーシー アドロングラス・ハーモニカギュンターシュテール歌謡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオノーレの関連情報