コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプテナ レプテナLeptaena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レプテナ
Leptaena

触手動物門腕足綱ストロフォメナ目レプテナ科の代表的化石属。殻は,裾部から板状部を分離するように,腹殻側に向かって急にまくれ返る稜をもって鋭く膝状に曲がる。殻の表面には同心的な強いしわがある。偽三角板があったり,あるいは再吸収されていたりする。歯はなめらかか,あるいは鋸歯状を呈する。腹部筋痕は亜楕円形または亜円形で,周囲は隆起部で囲まれている。背殻のトランスマスキュル隔壁は発達不定の中央隔壁と二つの長くて湾曲した亜中央隔壁と,二つの短い側方隔壁とを含む。オルドビス紀から石炭紀前期にかけて世界的に分布した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android