コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズ状層 レンズじょうそう

1件 の用語解説(レンズ状層の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レンズ状層【レンズじょうそう】

他の地層中にレンズ状にはさまる地層。すなわち末端が凸レンズの末端のように薄くなって尽きる地層。この言葉は,地層が小規模な場合に使用することが多い。地層の末端は常に薄くなって消えるわけではなく,垂直的に急激に地層が切れる場合,不規則に横に移行する場合などもあり,言葉どおりのレンズ状層はその特別な場合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

レンズ状層の関連キーワード鍵層層位学炭層テクタイトレンズ豆レンズ状構造レンズ状岩生物層序発展の法則地層断続の法則地層同定の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone