コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言葉 ケトバ

デジタル大辞泉の解説

けと‐ば【言葉】

「ことば」の上代東国方言。
「父母が頭(かしら)かきなで幸(さ)くあれて言ひし―ぜ忘れかねつる」〈・四三四六〉

こと‐ば【言葉/詞/辞】

人が声に出して言ったり文字に書いて表したりする、意味のある表現。言うこと。「友人の―を信じる」
音声や文字によって人の感情・思想を伝える表現法。言語。「日本の―をローマ字で書く」
文の構成要素をなす部分。単語。また、語句。「―が豊富だ」「一々の―を吟味して話す」
言い方。口のきき方。口ぶり。言葉遣い。「荒い―」「―に注意しなさい」
必ずしも事実でないこと。言葉のあや。
「塵(ちり)を結んでと言うたは、―でござる」〈狂言記・箕被〉
(詞)謡い物語り物の中で、節をつけない非旋律的な箇所。
(詞)物語・小説などの中で、会話の部分。
(詞)歌集などで、散文で書かれた部分。
[下接語]合い言葉東(あずま)言葉遊ばせ言葉遊び言葉天地(あめつち)の詞(ことば)田舎言葉忌み詞入間詞(いるまことば)入れ詞歌詞(うたことば)売り言葉絵詞(えことば)江戸言葉沖言葉買い言葉替え詞書き言葉隠し言葉掛け詞翳(かざ)し詞重ね言葉京言葉口言葉国言葉繰り言葉郭(くるわ)言葉御所詞ざあます言葉逆さ言葉里言葉為做(しな)せ言葉正月言葉序詞(じょことば)女中詞捨て言葉制の詞添え言葉通り言葉土地言葉謎(なぞ)言葉・逃げ言葉・女房詞挟み詞花言葉話し言葉早口言葉早言葉囃子詞(はやしことば)流行(はやり)言葉・武士詞・べいべい言葉褒め言葉枕詞(まくらことば)御国詞(みくにことば)武者詞文字言葉休め言葉奴詞(やっこことば)山言葉大和言葉吉原言葉六方(ろっぽう)詞
[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「言葉」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆嘘を真実に、真実を嘘に変化させることができる道具。
俺の空Rさん

◆音にすれば思いを伝えられ、視界に入れれば考えが生まれ、飲み込めば大人になるもの。
kei_koさん

◆一度発すると責任がつきまとうもの。発した言葉には責任を持つこと。良くも悪くも相手の心に残るもの。
yaaaaさん

◆感情または思考を形に表す手段。
タカノリさん

◆いつも想いより後から出てくるもの。
なつこさん

◆口から発するもの。文字として綴るもの。心に刻むもの。
月のしずくさん

◆読み、書き、話すことで世界中の人とコミュニケーションがとれる人間の進化の過程で得たツール。
ペラペラさん

◆見ず知らずの他人の一言で、人生が救われる。たった一行の文字で、考え方が生まれ変わる。
REINAさん

◆ときどきナイフ、ときどき包帯。
あるとママさん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けとば【言葉】

〔上代東国方言〕
ことば。 「父母が頭搔き撫で幸くあれて言ひし-ぜ忘れかねつる/万葉集 4346

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

言葉の関連キーワード人に善言を与うるは布帛よりも煖かなり言葉に花を咲かすワーディング惚れた腫れた忌言葉∥忌詞言葉・詞・辞糞を食らえ卑語・鄙語言葉の端言葉遣い舌捩り万葉集言換え仰せ言言葉数上方語祝言奇語語法言泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言葉の関連情報