末端(読み)まったん

精選版 日本国語大辞典「末端」の解説

まっ‐たん【末端】

〘名〙
① 物のはし。さき。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「恐ろしさが私の髪の毛の末端迄来た時ですら」
② 組織などの、中枢からもっとも遠い部分。下部。〔生物学語彙(1884)〕
③ 転じて、些細(ささい)なこと。つまらないこと。
※道元(1955)〈唐木順三〉「曹洞の始祖としての自信と権威との挙示とみられないこともない。然しそれは末端のことである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「末端」の解説

まっ‐たん【末端】

物のはしの部分。「枝の末端
組織などの中央から最も遠い部分。「意図を末端にまで徹底させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android