ロードバランシング(読み)ろーどばらんしんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ロードバランシング

負荷分散と訳す。複数の機器を使って並列処理を行う際に、それぞれの機器に対して最適な処理量を割り当てるためのしくみ。複数サーバーを使った並列処理や複数CPUを使った並列処理をはじめとするさまざまな場面で用いられる用語である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ロードバランシング【load balancing】

並列して運用されている機器や回線にかかる負荷を分散し、均等になるよう割り振ること。◇「負荷分散」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android