コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイヤレスマイクロホン ワイヤレスマイクロホン wireless microphone

3件 の用語解説(ワイヤレスマイクロホンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワイヤレス‐マイクロホン(wireless microphone)

電線で増幅器と結ばず、小出力の送信機を組み込んで増幅器へ発信するマイクロホンワイヤレスマイク。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ワイヤレスマイクロホン【wireless microphone】

マイクロホンのついた小型送信機。コードがないので使用者が自由に移動できる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイヤレスマイクロホン
わいやれすまいくろほん
wireless microphone

電気出力を電線(ワイヤー)で次段の増幅器に接続するかわりに、電波を利用して無線で接続する方式のマイクロホン。マイクロホン本体には音を電気に変える電気音響変換器と小型のFM送信機を備え、マイクロホンの出力をFM電波に変えて送出する。この電波は別に設けた受信機で受け、ふたたび音に変える。マイクロホンを使う人は、小型のマイクロホン本体を手に持つほかに、襟などにつけておくだけでもよく、電線によって動きが制約されることがない。このため、自由な動きが必要とされるステージ上の演技や、講義などに用いて便利である。視覚が重視されるテレビジョンにも欠かすことができない。電気音響変換器には、小型・軽量にできる点でエレクトレット形が多く使われているが、そのほかではダイナミック形なども使われる。電波の周波数として、民生用(家庭用)では80メガヘルツ帯が使われ、一般のFM受信機で受信する。業務用では40メガヘルツ帯、200メガヘルツ帯、400メガヘルツ帯などが使われ、専用の受信機で受信する。業務用の場合、一つのマイクロホンが複数の異なった周波数の電波をもち、これらを切り替えて使うことができるようになっていることもある。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイヤレスマイクロホンの関連キーワードアンプ同調磁気増幅器受信機送信機プリアンプ演算増幅器サーボ増幅器直流増幅器プッシュプル増幅器

ワイヤレスマイクロホンの関連情報