コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一つ松 ヒトツマツ

デジタル大辞泉の解説

ひとつ‐まつ【一つ松】

ただ1本だけ立っている松。一本松。孤松
「―幾代か経ぬる吹く風の声の清きは年深みかも」〈・一〇四二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとつまつ【一つ松】

ただ一本だけ生えている松。一本松。孤松。 「尾張に直ただに向へる尾津の崎なる-/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一つ松の関連キーワード穿く・履く・佩く・着く博多どんたく有る・在る五十日祝ロタ松島石巻街道紀ノ松島市原王利府町宮城県松島茨木吾兄穿くかも

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一つ松の関連情報