一下り(読み)いちさがり

デジタル大辞泉の解説

いち‐さがり【一下り】

三味線の調弦法の一。本調子より第1弦を1全音(長2度)下げたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちさがり【一下り】

三味線の調弦法の一。本調子に比べて第一弦が一全音(長二度)だけ下がっている調弦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一下りの言及

【三味線】より

…また長唄では二上りで優美さを,三下りで派手な気分をあらわすこともある。また一部分ではあるが,一下り(一の糸と二の糸,二の糸と三の糸がともに完全5度),三メリ(一の糸と二の糸が完全4度,一の糸と三の糸が完全5度),一上り(一の糸と二の糸が長2度,二の糸と三の糸が完全5度)などの調弦法を用いる曲もある。以上のような調弦法は,演奏の途中,左手によって糸巻を操作することによって変更し,本調子→二上り→三下りなどと変化する曲が多い。…

※「一下り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一下りの関連情報