コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二上り にあがり

5件 の用語解説(二上りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二上り
にあがり

三味線の調弦名。一の糸と二の糸が完全5度,二と三の糸が完全4度の調弦。普通は本調子の二の糸を1全音上げてつくり,三下りの一の糸を1全音下げてつくったものを低二上りともいう。二上りの三の糸を1全音高くしたものを三上り,その一の糸を1全音高くしたものを高本調子,さらにその二の糸を1全音高くしたものを高二上りという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

二上り【にあがり】

三味線の基本的調弦法の一つ。絶対音高はきめられていないが,1の糸と2の糸が完全5度,2の糸と3の糸とが完全4度の音程関係にある。→三下り
→関連項目胡弓二上り新内

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にあがり【二上り】

三味線の調弦法。本調子に調弦された三味線から,第2弦を1全音(長2度)高くした調弦。第1弦と第2弦が完全5度,第2弦と第3弦が完全4度の関係になる。第2の弦が(1全音)上がっている意。相互の関係なので,三下りの第1弦を1全音下げてもできるし,第2弦と第3弦を1全音上げても作れる。二上りは派手,陽気,田舎風といった気分をあらわすのに適している。唄物に多く使われる。本調子【竹内 道敬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にあがり【二上り】

三味線の調弦法の一。本調子に比べて第二弦が一全音(長二度)だけ上がっている調弦。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二上りの関連情報