二上り(読み)にあがり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二上り
にあがり

三味線の調弦名。一のと二の糸が完全5度,二と三の糸が完全4度の調弦。普通は本調子の二の糸を1全音上げてつくり,三下りの一の糸を1全音下げてつくったものを低二上りともいう。二上りの三の糸を1全音高くしたものを三上り,その一の糸を1全音高くしたものを高本調子,さらにその二の糸を1全音高くしたものを高二上りという。演奏途中で本調子から二上りに変えると主音の位置が5度上り,派手な気分となる。箏を合せるときは平調子の調弦を用いることが多く,第1弦を一の糸に合せて合奏する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

に‐あがり【二上り】

三味線の調弦法の一。本調子を基準にして第2弦を1全音(長2度)高くしたもの。はでで陽気な気分や田舎風を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

二上り【にあがり】

三味線の基本的調弦法の一つ。絶対音高はきめられていないが,1の糸と2の糸が完全5度,2の糸と3の糸とが完全4度の音程関係にある。→三下り
→関連項目胡弓二上り新内

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にあがり【二上り】

三味線の調弦法。本調子に調弦された三味線から,第2弦を1全音(長2度)高くした調弦。第1弦と第2弦が完全5度,第2弦と第3弦が完全4度の関係になる。第2の弦が(1全音)上がっている意。相互の関係なので,三下りの第1弦を1全音下げてもできるし,第2弦と第3弦を1全音上げても作れる。二上りは派手,陽気,田舎風といった気分をあらわすのに適している。唄物に多く使われる。本調子【竹内 道敬】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にあがり【二上り】

三味線の調弦法の一。本調子に比べて第二弦が一全音(長二度)だけ上がっている調弦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android