一文惜しみ(読み)イチモンオシミ

大辞林 第三版の解説

いちもんおしみ【一文惜しみ】

ごくわずかな金銭をも惜しむこと。また、その人。極端なけちんぼう。 「 -の百知らず(=ワズカナ出費ヲ惜シンデ、大キナ損失ヲ招クノニ気ヅカナイコト)」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android