金品(読み)きんぴん

精選版 日本国語大辞典 「金品」の意味・読み・例文・類語

きん‐ぴん【金品】

〘名〙 金銭品物。かねとしなもの。
※不良青少年少女の実相(1930)〈和田信義〉「異性を瞞して金品を捲き上ること等は、男性と同じ趣味

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「金品」の意味・読み・例文・類語

きん‐ぴん【金品】

金銭と品物。
[類語]物品品物代物製品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android