コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一河の流れを汲むも他生の縁 イチガノナガレヲクムモタショウノエン

1件 の用語解説(一河の流れを汲むも他生の縁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

一河(いちが)の流れを汲(く)むも他生(たしょう)の縁

同じ流れの水を汲むというような、ちょっとした人間関係も、みな前世からの因縁によるものである。一樹の陰(かげ)一河の流れ他生の縁

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一河の流れを汲むも他生の縁の関連キーワード同じ流れを掬ぶ籠で水を汲む心を汲む小用小難一寸見釣瓶同流流れを汲むちょっくらちょっと