一騎討ち/一騎打ち(読み)イッキウチ

デジタル大辞泉の解説

いっき‐うち【一騎討ち/一騎打ち】

敵味方ともに1騎ずつで勝負を争うこと。転じて、一対一の勝負。「与野党候補の―」
《「うち」は馬を走らせる意》1騎ずつ1列に並んで進むこと。
「海ばたは―の道にて、うち寄する浪大なり」〈仮・東海道名所記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android