勝負(読み)しょうぶ

精選版 日本国語大辞典「勝負」の解説

しょう‐ぶ【勝負】

〘名〙
つことと負けること。かちまけ。勝敗
※経国集(827)二〇・白猪広成対策文・策問「利用礼楽、已有前聞、未勝負、庶詳其別
※栄花(1028‐92頃)駒競の行幸「勝負の舞などもをかしうて果てぬれば」 〔韓非子‐喩老〕
② (━する) 勝ち負けを決めること。勝敗を決すること。また、その戦い。
※平家(13C前)七「互に勝負をせんとはやりけれども」
③ (━する) 特に、ばくちで勝ち負けを争うこと。かけごとをすること。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「抑来廿日比、勝負経営候。為風流入物非一」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)三「双六をうちて目ふる間に五両七両の勝負(シャウブ)せし事」
④ よい結果が出るかどうかを決めること。また、その決め手となるもの。
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉三「平素、ちゃんと食べ、て、あるか、どうかが、勝負ですって、よ」

かち‐まけ【勝負】

〘名〙 勝つことと、負けること。勝敗。しょうぶ。
※大和(947‐957頃)一四七「かちまけもなくてやはてむ君により思ひくらぶの山は越ゆとも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勝負」の解説

しょう‐ぶ【勝負】

[名](スル)
勝ち負け。勝敗。「勝負を争う」「一気に勝負をつける」
勝ち負けを決めようとして争うこと。「勝負の世界に生きる」「ここ一番の勝負に出る」「力の差がありすぎて勝負にならない」「実力で勝負する」
[類語](1勝ち負け勝敗雌雄しゆう輸贏しゅえい決勝ファイナル/(2戦い対戦決戦対決対局手合わせ競争戦う競合角逐かくちくり合い競技プレーきそ争う張り合う対抗する比べるせめぎ合う渡り合う遣り合う先を争うしのぎを削る火花を散らす敵対向かう突っかかる挑む立ち向かうかかるぶつかる対する相手取る向こうに回す向こうを張る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android