勝負(読み)ショウブ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぶ【勝負】

[名](スル)
勝ち負け。勝敗。「勝負を争う」「一気に勝負をつける」
勝ち負けを決めようとして争うこと。「勝負の世界に生きる」「ここ一番の勝負に出る」「力の差がありすぎて勝負にならない」「実力で勝負する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かち‐まけ【勝負】

〘名〙 勝つことと、負けること。勝敗。しょうぶ。
※大和(947‐957頃)一四七「かちまけもなくてやはてむ君により思ひくらぶの山は越ゆとも」

しょう‐ぶ【勝負】

〘名〙
① 勝つことと負けること。かちまけ。勝敗。
※経国集(827)二〇・白猪広成対策文・策問「利用礼楽、已有前聞、未勝負、庶詳其別
※栄花(1028‐92頃)駒競の行幸「勝負の舞などもをかしうて果てぬれば」 〔韓非子‐喩老〕
② (━する) 勝ち負けを決めること。勝敗を決すること。また、その戦い。
※平家(13C前)七「互に勝負をせんとはやりけれども」
③ (━する) 特に、ばくちで勝ち負けを争うこと。かけごとをすること。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「抑来廿日比、勝負経営候。為風流入物非一」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)三「双六をうちて目ふる間に五両七両の勝負(シャウブ)せし事」
④ よい結果が出るかどうかを決めること。また、その決め手となるもの。
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉三「平素、ちゃんと食べ、て、あるか、どうかが、勝負ですって、よ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android