勝負(読み)ショウブ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぶ【勝負】

[名](スル)
勝ち負け。勝敗。「勝負を争う」「一気に勝負をつける」
勝ち負けを決めようとして争うこと。「勝負の世界に生きる」「ここ一番の勝負に出る」「力の差がありすぎて勝負にならない」「実力で勝負する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぶ【勝負】

( 名 ) スル
勝つことと負けること。勝ち負け。勝敗。
勝ち負けを決めること。 「一対一で-する」
ばくち。 「五両七両の-せし事/浮世草子・好色盛衰記 3
[句項目] 勝負は時の運

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かち‐まけ【勝負】

〘名〙 勝つことと、負けること。勝敗。しょうぶ。
※大和(947‐957頃)一四七「かちまけもなくてやはてむ君により思ひくらぶの山は越ゆとも」

しょう‐ぶ【勝負】

〘名〙
① 勝つことと負けること。かちまけ。勝敗。
※経国集(827)二〇・白猪広成対策文・策問「利用礼楽、已有前聞、未勝負、庶詳其別
※栄花(1028‐92頃)駒競の行幸「勝負の舞などもをかしうて果てぬれば」 〔韓非子‐喩老〕
② (━する) 勝ち負けを決めること。勝敗を決すること。また、その戦い。
※平家(13C前)七「互に勝負をせんとはやりけれども」
③ (━する) 特に、ばくちで勝ち負けを争うこと。かけごとをすること。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「抑来廿日比、勝負経営候。為風流入物非一」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)三「双六をうちて目ふる間に五両七両の勝負(シャウブ)せし事」
④ よい結果が出るかどうかを決めること。また、その決め手となるもの。
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉三「平素、ちゃんと食べ、て、あるか、どうかが、勝負ですって、よ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝負の関連情報