コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海道名所記 とうかいどうめいしょき

6件 の用語解説(東海道名所記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海道名所記
とうかいどうめいしょき

仮名草子浅井了意作。6巻。万治2 (1659) 年頃刊。四国,伊勢,熊野から海路江戸に来た道心者楽阿弥が江戸見物を終え,京の黒谷に住もうとして芝口まで来たとき,二十四,五歳の大坂商人の手代と会う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうかいどうめいしょき〔トウカイダウメイシヨキ〕【東海道名所記】

仮名草子。6巻。浅井了意作。万治年間(1658~1661)の成立。僧侶の楽阿弥と連れの青年が狂歌やしゃれをおりまぜてつづる、江戸から京都までの道中記。駅間の里数・名所旧跡・産物などを詳細に記載。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東海道名所記【とうかいどうめいしょき】

浅井了意作の仮名草子。6巻6冊。刊年不詳,17世紀半ばか。楽阿弥という諸国遍歴の道心者が,江戸で連れになった若い大坂商人と,狂歌狂句を吟じながら都へ志すが,その途中の名所・旧跡・風俗などを描いた滑稽(こっけい)紀行文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうかいどうめいしょき【東海道名所記】

仮名草子。浅井了意作。6巻6冊。刊年未詳。1688年(元禄1),1708年(宝永5)に後印本がある。成立は1659年(万治2)ごろと思われる。楽阿弥という道心者が四国遍路から伊勢熊野を巡り,熊野浦から海路江戸に向かい,鉄砲洲に上陸して江戸見物の後,京へ上り黒谷あたりに住もうと志し,芝口で会った若者と道連れになり,途中神社仏閣名所旧跡を訪ね,その由来を述べ,狂歌俳諧をものしつつ,京へ上るという,どちらかといえば必然性を欠いた緩い構成をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうかいどうめいしょき【東海道名所記】

仮名草子。六巻。浅井了意作。万治年間(1658~1661)刊。楽阿弥が若者とともに狂歌を詠みながら東海道を旅するという構成のもとに、江戸・京都および道中の名所・旧跡を紹介。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東海道名所記
とうかいどうめいしょき

仮名草子。六巻六冊。浅井了意(りょうい)作。1659年(万治2)成立。諸国を遍歴してきた青道心楽阿弥(らくあみ)が、まず江戸の名所を見物し、その後、連れの男とともに東海道の名所を見物し、気楽な旅を続けながら京に上るという構想のもとに、名所・名物の紹介、道中案内、楽阿弥らの狂歌や発句、滑稽(こっけい)談などを交えて、東海道の旅の実情を啓蒙(けいもう)、紹介した作品。主人公は『竹斎(ちくさい)』の系統にたち、娯楽性をも備えているが、同時に、「道中記」を十分に取り入れ、旅行案内として実用性をもったことが、読者に歓迎される一因となった。[谷脇理史]
『野田寿雄校注『日本古典全書 仮名草子集 下』(1962・朝日新聞社) ▽朝倉治彦校注『東海道名所記』全二巻(1979・平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海道名所記の関連キーワード浅井江戸名所記御伽婢子仮名草子狗張子京雀新語園了意堪忍記大倭二十四孝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東海道名所記の関連情報