コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海道名所記 とうかいどうめいしょき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海道名所記
とうかいどうめいしょき

仮名草子浅井了意作。6巻。万治2 (1659) 年頃刊。四国,伊勢,熊野から海路江戸に来た道心者楽阿弥が江戸見物を終え,京の黒谷に住もうとして芝口まで来たとき,二十四,五歳の大坂商人の手代と会う。2人は東海道狂歌,俳諧を吟じ,諧謔に興じて上京する。『竹斎』の影響を受けた滑稽な名所記文学であるが,『竹斎』に比べると実用的色彩が濃く,五十三次各駅間の里数,橋の長さ,名所旧跡などの記事は当時刊行されていた『道中記』からそのまま写し取っている。『東海道中膝栗毛』など後代文学への影響が大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうかいどうめいしょき〔トウカイダウメイシヨキ〕【東海道名所記】

仮名草子。6巻。浅井了意作。万治年間(1658~1661)の成立。僧侶の楽阿弥と連れの青年が狂歌やしゃれをおりまぜてつづる、江戸から京都までの道中記。駅間の里数・名所旧跡・産物などを詳細に記載。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

東海道名所記【とうかいどうめいしょき】

浅井了意作の仮名草子。6巻6冊。刊年不詳,17世紀半ばか。楽阿弥という諸国遍歴の道心者が,江戸で連れになった若い大坂商人と,狂歌狂句を吟じながら都へ志すが,その途中の名所・旧跡・風俗などを描いた滑稽(こっけい)紀行文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうかいどうめいしょき【東海道名所記】

仮名草子。浅井了意作。6巻6冊。刊年未詳。1688年(元禄1),1708年(宝永5)に後印本がある。成立は1659年(万治2)ごろと思われる。楽阿弥という道心者が四国遍路から伊勢熊野を巡り,熊野浦から海路江戸に向かい,鉄砲洲に上陸して江戸見物の後,京へ上り黒谷あたりに住もうと志し,芝口で会った若者と道連れになり,途中神社仏閣名所旧跡を訪ね,その由来を述べ,狂歌俳諧をものしつつ,京へ上るという,どちらかといえば必然性を欠いた緩い構成をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうかいどうめいしょき【東海道名所記】

仮名草子。六巻。浅井了意作。万治年間(1658~1661)刊。楽阿弥が若者とともに狂歌を詠みながら東海道を旅するという構成のもとに、江戸・京都および道中の名所・旧跡を紹介。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東海道名所記
とうかいどうめいしょき

仮名草子。六巻六冊。浅井了意(りょうい)作。1659年(万治2)成立。諸国を遍歴してきた青道心楽阿弥(らくあみ)が、まず江戸の名所を見物し、その後、連れの男とともに東海道の名所を見物し、気楽な旅を続けながら京に上るという構想のもとに、名所・名物の紹介、道中案内、楽阿弥らの狂歌や発句、滑稽(こっけい)談などを交えて、東海道の旅の実情を啓蒙(けいもう)、紹介した作品。主人公は『竹斎(ちくさい)』の系統にたち、娯楽性をも備えているが、同時に、「道中記」を十分に取り入れ、旅行案内として実用性をもったことが、読者に歓迎される一因となった。[谷脇理史]
『野田寿雄校注『日本古典全書 仮名草子集 下』(1962・朝日新聞社) ▽朝倉治彦校注『東海道名所記』全二巻(1979・平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東海道名所記の関連キーワード掻い取る・搔い取るびらりしゃらり糸縒り・糸撚り為做せ振りえじかり股江戸名所記ぞぞ髪立つ蟒蛇・蠎蛇目もなく息だうし一騎討ちがんがり下の十日軒を軋る銭を買う煮売りむさと生温い突付け垣破り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android