三好 芳石(読み)ミヨシ ホウセキ

20世紀日本人名事典の解説

三好 芳石
ミヨシ ホウセキ

明治・大正期の書家



生年
弘化2年(1845年)

没年
大正11(1922)年10月10日

出生地
相模国足柄郡大住村(神奈川県)

本名
三好 直澄

経歴
幼少から書を好み、書家・巻鷗洲、彦根藩士・太田松斎に学び、芳石と号す。明治8年横浜で私塾・三好学校を開き、傍ら剣道を指南した。中村悟竹・西川春洞・中根半嶺らと交わり、文墨協会、日本書道会などの顧問・幹事を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android