書家(読み)ショカ

大辞林 第三版の解説

毛筆の文字を上手に書く人。能書家。
書道の専門家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 文字をたくみにかく人。能書の人。特に、書道の専門家。また、書道を教授し、それを業とする人。書工。
※済北集(1346頃か)一二「或問書法、師曰。夫書家神妙之品。字画多同。上字終画与下字始画、其繊鈞如毛髪相承耳」
※当世少年気質(1892)〈巖谷小波〉二「有名な書家(ショカ)何某の門に弟子入させて」 〔鮮于枢‐王大令保母帖詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書家の関連情報