書家(読み)しょか

精選版 日本国語大辞典「書家」の解説

しょ‐か【書家】

〘名〙 文字をたくみにかく人。能書の人。特に、書道の専門家。また、書道を教授し、それを業とする人。書工。
※済北集(1346頃か)一二「或問書法、師曰。夫書家神妙之品。字画多同。上字終画与下字始画、其繊鈞如毛髪相承耳」
※当世少年気質(1892)〈巖谷小波〉二「有名な書家(ショカ)何某の門に弟子入させて」 〔鮮于枢‐王大令保母帖詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書家」の解説

しょ‐か【書家】

文字を書くのが巧みな人。能書家。
書道の専門家。書道家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android