コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三期商い サンキアキナイ

デジタル大辞泉の解説

さんき‐あきない〔‐あきなひ〕【三期商い】

江戸時代、大坂堂島で行われた帳合米取引。1年を3期に分けて、清算期は各期の末日と定めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

三期商いの関連キーワード江戸時代