帳合(い)米(読み)チョウアイマイ

デジタル大辞泉の解説

ちょうあい‐まい〔チヤウあひ‐〕【帳合(い)米】

江戸時代、大坂堂島米市場で、実際には受け渡しをせず、帳簿上で売買された米。また、その売買。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうあい‐まい チャウあひ‥【帳合米】

〘名〙 江戸時代帳合米相場によって売買される米。また、その売買。帳合。
※草茅危言(1789)九「大に風俗を破り、人心を害する事の最上第一たる可は、堂島にて帳合米と名付る米穀の不実商也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の帳合(い)米の言及

【商品取引所】より

…大坂商人による堂島米市場が幕府から公認されたのが1730年(享保15)である。その時点では帳合米(ちようあいまい)といって帳面上だけで決済する先物と,正米(しようまい)といって現物決済の取引が区別されていた。この堂島米市場の帳合米制度の骨組みは次のようである。…

※「帳合(い)米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android