コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂島 どうじま

7件 の用語解説(堂島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堂島
どうじま

大阪市北区,福島区にまたがる堂島川右岸の地区。 JR大阪駅の南西に位置する。かつては堂島川とその分流の曾根崎川にはさまれた中州で,貞享年間 (1684~88) には新地ができ,遊郭が設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうじま〔ダウじま〕【堂島】

大阪市北区の地名。もと中之島と並ぶ島で、南は堂島川、北は明治期に埋め立てられた曽根崎川に接していた。元禄年間(1688~1704)に米市場が開かれて以来、大阪の経済の中心地。→
堂島下駄」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堂島【どうじま】

大阪市福島両区にまたがる堂島川北岸地区。かつて堂島川と曾根崎川の間の中州で,貞享年間堂島新地ができ,1697年米市(堂島米会所)がおかれてから発展。高層ビルが集中し,堂島川南岸の中之島とともに大阪経済の中心をなす。
→関連項目大阪[市]米会所天満青物市場払米

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どうじま【堂島】

大阪市北区内の地名で,堂島川北岸一帯をいう。もと曾根崎川(蜆川)と堂島川とにはさまれた砂州で,広い意味の天満(てんま)に含まれる。地名の由来については,(1)四天王寺を玉造の岸に創建したとき,風波によって御堂の用材がこの地に流れついたため,(2)あらかじめ堂の用材を置いたところ,(3)流水が南北に分かれて,その中にあるため胴島といい,転じて堂島となったという説のほか,(4)二つの川(革)にはさまれた地であるため,鼓の筒にたとえて筒島(どうじま)といい,それが転化したものとも伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうじま【堂島】

◇ 大阪市北区と福島区にまたがる堂島川北岸のビジネス地区。元禄年間(1688~1704)に新開、米市場が開かれ、その後幕府官許の市場として発展し、江戸時代の全国米相場の中心となった。
「堂島下駄」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕堂島(どうじま)


大阪市北区の業務地区。堂島川北岸に位置し、梅田(うめだ)の南に隣接する。かつては堂島川と、埋め立てで消滅した曽根崎(そねざき)川に挟まれた島状の地。1697年(元禄(げんろく)10)からは米取引の中心地となり、各藩の蔵屋敷がおかれた。情報・通信産業、製造業、銀行などの本支店が集まり、堂島川南岸の中之島(なかのしま)とともに大阪経済の中心地を形成。ドージマ地下センターがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂島
どうじま

大阪市北区南西部の一地区。淀(よど)川の分流堂島川と、もと曽根崎(そねざき)川(蜆(しじみ)川。明治期に埋立て)に挟まれた中州であった。貞享(じょうきょう)年間(1684~1688)曽根崎川改修後に開発され、1697年(元禄10)淀屋橋から米市場(米会所)が移ってから諸藩の蔵屋敷が並んだ。現在はNTT、毎日新聞社、堂島アバンザ、近鉄堂島ビルなどの高層ビルが林立するビジネス街で、地下街は大阪駅に続いている。[樋口節夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堂島の関連キーワード蜆川大阪府大阪市北区扇町大阪府大阪市北区角田町大阪府大阪市北区芝田大阪府大阪市北区茶屋町大阪府大阪市北区天満大阪府大阪市北区堂島大阪府大阪市北区堂島浜大阪府大阪市北区中津大阪府大阪市北区長柄東

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堂島の関連情報