コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂島 どうじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堂島
どうじま

大阪市区,福島区にまたがる堂島川右岸の地区。 JR大阪駅の南西に位置する。かつては堂島川とその分流の曾根崎川にはさまれた中州で,貞享年間 (1684~88) には新地ができ,遊郭が設けられた。のち堂島米市場がおかれ,米市が立つようになってから,諸藩の蔵屋敷が集り,全国の米価を支配する商業の町に発展した。現在は銀行,会社,新聞社などの高層ビルが立並び,大阪の経済,文化の一中心地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうじま〔ダウじま〕【堂島】

大阪市北区の地名。もと中之島と並ぶ島で、南は堂島川、北は明治期に埋め立てられた曽根崎川に接していた。元禄年間(1688~1704)に米市場が開かれて以来、大阪の経済の中心地。→
堂島下駄」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

堂島【どうじま】

大阪市福島両区にまたがる堂島川北岸地区。かつて堂島川と曾根崎川の間の中州で,貞享年間堂島新地ができ,1697年米市(堂島米会所)がおかれてから発展。高層ビルが集中し,堂島川南岸の中之島とともに大阪経済の中心をなす。
→関連項目大阪[市]米会所天満青物市場払米

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうじま【堂島】

大阪市北区内の地名で,堂島川北岸一帯をいう。もと曾根崎川(蜆川)と堂島川とにはさまれた砂州で,広い意味の天満(てんま)に含まれる。地名の由来については,(1)四天王寺を玉造の岸に創建したとき,風波によって御堂用材がこの地に流れついたため,(2)あらかじめ堂の用材を置いたところ,(3)流水が南北に分かれて,その中にあるため胴島といい,転じて堂島となったという説のほか,(4)二つの川(革)にはさまれた地であるため,鼓の筒にたとえて筒島(どうじま)といい,それが転化したものとも伝える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうじま【堂島】

◇ 大阪市北区と福島区にまたがる堂島川北岸のビジネス地区。元禄年間(1688~1704)に新開、米市場が開かれ、その後幕府官許の市場として発展し、江戸時代の全国米相場の中心となった。
「堂島下駄」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕堂島(どうじま)


大阪市北区の業務地区。堂島川北岸に位置し、梅田(うめだ)の南に隣接する。かつては堂島川と、埋め立てで消滅した曽根崎(そねざき)川に挟まれた島状の地。1697年(元禄(げんろく)10)からは米取引の中心地となり、各藩の蔵屋敷がおかれた。情報・通信産業、製造業、銀行などの本支店が集まり、堂島川南岸の中之島(なかのしま)とともに大阪経済の中心地を形成。ドージマ地下センターがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂島
どうじま

大阪市北区南西部の一地区。淀(よど)川の分流堂島川と、もと曽根崎(そねざき)川(蜆(しじみ)川。明治期に埋立て)に挟まれた中州であった。貞享(じょうきょう)年間(1684~1688)曽根崎川改修後に開発され、1697年(元禄10)淀屋橋から米市場(米会所)が移ってから諸藩の蔵屋敷が並んだ。現在はNTT、毎日新聞社、堂島アバンザ、近鉄堂島ビルなどの高層ビルが林立するビジネス街で、地下街は大阪駅に続いている。[樋口節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堂島の関連キーワード大阪府大阪市北区堂島永遠のBLOODS帳合い米・帳合米関西商品取引所堂島米穀取引所カナシミブルー吉岡 為次郎コメ先物取引本出 保太郎備前屋権兵衛黒船忠右衛門米穀取引所忍頂寺梅谷栗恭亭関人栗皮亭関冬高倉 藤平栗故園関窓三浦久枝高倉藤平武富辰吉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堂島の関連情報