コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三纈 サンケチ

大辞林 第三版の解説

さんけち【三纈】

﨟纈ろうけち・夾纈きようけち・纐纈こうけちの総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三纈の言及

【染色】より

… このように,当代には糸や裂を各色の無地に染める以外に,各種の文様染がすでに行われており,しかも,その技術はかなり高度であった。なかでも﨟纈,纈,纐纈の三つの文様染法は三纈(さんけち)と呼ばれ,当代の最も代表的な染法であった。﨟纈は蠟防染によって文様を染め出す方法で,当代の注目すべき特色は,手描きよりも押型がきわめて多いことである。…

※「三纈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三纈の関連キーワードろう総称纐纈夾纈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android