夾纈(読み)きょうけち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「夾纈」の解説

夾纈
きょうけち

飛鳥・奈良時代に盛行した染色技法。模様を切り通した2枚の薄板の間に,幾重かに折った長い布をはさんで固く締め,染料をつぎ掛けて染めたものと考えられる。染め上がりは布の折り目を中心に左右対称となるのが特色。古代中国に始った技術で,東大寺,正倉院に多数の遺例がある。平安時代以後は行われなかった。 (→板締 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「夾纈」の解説

きょう‐けち ケフ‥【夾纈】

〘名〙 上代の染色法の一つで、纐(こう)臈纈(ろうけち)とともに三纈の一つ。模様を彫った二枚の薄板の間に二つまたは四つに折りたたんだ布をはさみ、染料をそそいで染めるといわれる。平安・鎌倉時代頃に技術が衰亡したために細かい技法は不明。〔西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夾纈」の解説

きょう‐けち〔ケフ‐〕【××纈】

奈良時代に行われた染色法。文様を彫った2枚の板の間に折り畳んだ布帛ふはくを固く挟み、文様の部分にあなをあけて染料を注いで染める。板締め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「夾纈」の解説

【夾纈】きようけつ

夾結

字通「夾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android