コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夾纈 きょうけち

3件 の用語解説(夾纈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夾纈
きょうけち

飛鳥・奈良時代に盛行した染色技法。模様を切り通した2枚の薄板の間に,幾重かに折った長い布をはさんで固く締め,染料をつぎ掛けて染めたものと考えられる。染め上がりは布の折り目を中心に左右対称となるのが特色。古代中国に始った技術で,東大寺,正倉院に多数の遺例がある。平安時代以後は行われなかった。 (→板締 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうけち【夾纈】

奈良時代を中心に行われた板締めの染色法。二枚の薄板の間に布をはさみ、板に彫り抜いた模様の部分から染料をしみこませて染めたという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夾纈の関連情報