コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上げ舵 アゲカジ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐かじ〔‐かぢ〕【上げ×舵】

航空機・潜水艦などを上昇・浮上させるための舵の取り方。⇔下げ舵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あげかじ【上げ舵】

航空機を上昇させるための舵のとり方。 ↔ 下げ舵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上げ舵の言及

【舵】より

…ふつうの飛行機では水平尾翼の後部に取り付けられている。操縦桿(または操縦輪)を手前に引くと昇降舵は上に動き,その結果,水平尾翼全体が下に反った形になるため,水平尾翼には下向きの揚力が生じ,この力の機体の重心まわりのモーメントによって飛行機は尾部が下がり機首が上を向く(これを上げ舵という)。逆に操縦桿を前方に押すと昇降舵は下がって飛行機は下を向く(下げ舵)。…

【飛行機】より

…昇降舵後縁を上に上げると,水平尾翼に下向きの力を生ずるので,機は重心のまわりに機首を上げ,その結果,翼の迎え角が増す(図5-b)。これを上げ舵という。反対に昇降舵後縁を下げると,機首を下げ,その結果翼の迎え角が減る(図5-c)。…

※「上げ舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone