コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空機 こうくうき aircraft

翻訳|aircraft

6件 の用語解説(航空機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空機
こうくうき
aircraft

空を飛ぶ乗り物の総称。空中に浮揚する機構の点から,軽航空機重航空機とに大別する。前者は気球飛行船のように,空気より軽い気体の静浮力を利用するもの,後者は翼に働く空気の動的な揚力を利用するものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうくう‐き〔カウクウ‐〕【航空機】

人が乗って空中を航行する機器の総称。飛行船・気球・グライダー飛行機ヘリコプターなど。現在では主に飛行機をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

航空機【こうくうき】

人が乗って空を飛ぶことのできる乗物の総称。空気より軽い軽航空機と,空気より重い重航空機に分ける。前者は無動力の気球,動力付きの飛行船,後者は無動力のグライダー,動力付きの飛行機ヘリコプターなどがある。
→関連項目航空兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうくうき【航空機 aircraft】

人が乗って空を飛ぶことのできる乗物の総称。ただし宇宙船宇宙ロケットのように宇宙空間を飛ぶものは含めない。空気より軽い軽航空機lighter‐than‐aircraftと空気より重い重航空機heavier‐than‐aircraftとに分けられる。前者は空気より軽いヘリウムや水素のガスを袋に詰めたり,あるいは袋の中の空気をバーナーなどで熱して周囲の空気より軽くすることにより,機体全体の比重を空気の比重より軽くし,浮力を利用して浮くもので,航行のための動力の有無によって飛行船気球に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうくうき【航空機】

人が乗って空中を飛行できる乗り物。飛行機・グライダー・気球・飛行船など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空機
こうくうき
aircraft

人が乗って空中を航行する機器の総称。航行するといっても、大気の動きに従って航行するものや、凧(たこ)や係留気球のように地上につながれたものも、人が乗っていれば航空機となる。しかし、高速の空気を地表面または水面に吹き付け、その反動を利用してわずかに浮き上がる乗り物(地面効果機、ホバークラフト)あるいは宇宙ロケット(宇宙船)などは航空機には含めない。航空機は空気より軽いか重いかで軽航空機、重航空機に大きく分類できる。さらに、動力のあるなし、自由に航行するか地表面と結ばれているか、動力の種類、飛行の方法などで細かく分類される。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の航空機の言及

【航空】より

…地表から離れるにしたがい,空気の密度が減るので,生ずる空気力がそれに比例して弱くなる。したがって,現代の航空機が水平飛行を続けられる実用高度はだいたい0~20kmの範囲である。これまでの水平飛行における高度の最高記録は25.9km(1976),母機から進発したロケット機の到達高度としては95.9km(1962)の記録がある。…

【航空機材料】より

…航空機は空を飛ぶために極力軽く作る努力が払われる。重ければ,空へ飛び上がれないだけでなく,たとえ飛び上がっても性能は悪くなり,経済性も悪くなってしまうからである。…

【交通】より

…こうした航路によって,全国的な貢租米輸送のしくみが形づくられ,大坂,江戸がその中心となった。 20世紀は,鉄道や汽船に加えて,自動車と航空機がめざましく登場する時代である。1885年,ドイツのベンツとダイムラー,イギリスのE.バトラーによって,内燃機関を動力とするガソリン自動車がほとんど同時に造られた。…

※「航空機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

航空機の関連キーワード飛行機天飛ぶ天飛ぶや天の羽衣高翔宙を飛ぶ飛ぶ鳥帆翔快翔スカイスポーツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空機の関連情報