コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山鳥城男 うえやま ときお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上山鳥城男 うえやま-ときお

1889-1954 大正-昭和時代の洋画家。
明治22年生まれ。39年移民として渡米。南カリフォルニア大を卒業し,ペンシルベニア美術アカデミーでまなぶ。大正10年ロサンゼルスに滞在中の画家幸徳幸衛らとともに日本人美術家団体の赫土社を創設。第二次大戦中は日系人収容所で制作活動をつづけた。昭和29年ロサンゼルスで死去。65歳。和歌山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上山鳥城男の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android