コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上翳/外障眼 ウワヒ

1件 の用語解説(上翳/外障眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うわ‐ひ〔うは‐〕【上×翳/外眼】

ひとみの上に曇りができて物が見えなくなる眼病。→底翳(そこひ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上翳/外障眼の言及

【底翳】より

…〈内障〉とも書く。眼内ないし視神経より中枢側の原因で視力障害(翳=くもり)を起こす状態をいい,角膜疾患の上翳(うわひ)に対応する。便利な言葉ではあるが外観では区別できない種々の病態を含み,診断ならびに病型分類の進歩した現在では医学的にあいまいな表現である。…

※「上翳/外障眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone