コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼病 ガンビョウ

デジタル大辞泉の解説

がん‐びょう〔‐ビヤウ〕【眼病】

目の病気。めやみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんびょう【眼病】

目の病気。めやみ。眼気。眼疾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の眼病の言及

【タニシ(田螺)】より

…また,生ですりつぶして練り,打身やくじきの場所に塗って熱さましやはれを治す民間薬として使用される。これをとらえておいて,眼病の人が川に放して治癒を祈願したり,タニシを食べることを断つことを誓って目の悪いのを治るように願うなど,呪術的な病気治癒とも結びついている。この点はタニシの形態と眼球との類似連想とかかわるかもしれない。…

【ルチア】より

…その名が光明を意味するところからランプ,ほかにシュロ(ナツメヤシ)の葉,剣を伴うこともある。盲人や眼病に苦しむ人の守護聖人。祝日は12月13日で,中世の暦では冬至にあたったため,昼が長くなることとルチアの名を結びつけて祭り(ルチア祭)が行われ,スウェーデンなどには今日も残る。…

※「眼病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

眼病の関連キーワードアリ・イブン・イーサー目病み女に風邪引き男愛知県海部郡大治町白神新一郎(初代)病み眼・病み目オクリカンキリ上翳・外障眼宮崎 林三郎眼科ドック村山十平次塚本 ふじ平田〈市〉馬島明眼院底翳・内障新薬師寺眚・目気姥子温泉円錐角膜本居春庭吉益亮子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼病の関連情報