下唇鬚(読み)かしんしゅ(英語表記)labial palp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「下唇鬚」の解説

下唇鬚
かしんしゅ
labial palp

昆虫類の下に付属する短い突起。普通3節から成るが,分節が退化している場合もある。ミツバチでは吸う口器の一部分となり,チョウでは吻管のつけ根の短いひげとなるなど,多様に変形する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android