コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分節 ブンセツ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐せつ【分節】

全体をいくつかの区切りに分けること。また、その区切り。
articulation》個々の音をはっきり発音すること。また、音声を出すための音声器官の調節や運動。
syllabication》音節に区分すること。音節に分けること。
心理学で、統一的・全体的構造をもつものの部分は、独立した要素として分割できず、全体性の分化としての構成要素であること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんせつ【分節】

一続きになっている全体をいくつかの部分に分けること。また、その分けられた部分。
ゲシュタルト心理学で、それ自体の要素的分析ではなく、全体との関連のなかでのみ問題になり得る、全体のなかの構成部分。例えば、身体における各肢の機能など。
〔articulation〕 言語が音素や語などの単位に分割されること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の分節の言及

【言語】より

…文は,理論的には長さの制限をもたず,また,その数も無数であるが,一定の構造(あるいは,いくつかの構造のうちのいずれか)を有する。文は,最終的には〈単語〉の列から成り立っている(こういう状態を〈分節〉と呼ぶことが多い)。たとえば,日本語の〈電車が来ましたよ〉は,〈電車〉〈が〉〈来る〉〈ます〉〈た〉〈よ〉という六つの単語の列から成り立っている,といえる。…

【単音】より

…このように単音の区分は必ずしも明確でない。生成音韻論では言語音声の流れの中でこれを構成する主要部分を分節音segmentと呼び,発話の音の流れを分節音に分けることを分節segmentationと称している。閉鎖音は,上顎に付着する上位器官と下顎に付着する下位器官が接触する〈閉鎖〉の段階と,この閉鎖がある時間続いて肺から出てくる空気をせき止める〈持続〉の段階,それに接触した上下の器官を引き離して破裂音を発する〈開放〉の段階から成る。…

【二重分節】より

…フランスの言語学者A.マルティネの言語理論の根幹をなす認識。人間の言語は多くの観察によってこの二重分節をそなえていることが知られ,また人間の言語に課せられた基本的な要請からいっても,そこには二重分節構造がぜひ必要であると考えられる。 人間の言語に課せられた基本的な要請としては,まず〈多様性〉の問題がある。…

※「分節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分節の関連キーワードアーティキュレーションゲシュタルト心理学アンチテアトルA. サウゾルモールディングシニフィアン全体性心理学遺伝子再集合胆嚢腺筋腫症ウィシャウスシニフィエ脊髄空洞症集中神経系記述心理学エスタンピ尋常性白斑セグメント了解心理学ラメージ学説彙纂

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分節の関連情報