コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下垂体門脈系

世界大百科事典内の下垂体門脈系の言及

【脳下垂体】より


[漏斗]
 神経下垂体の漏斗では,一次毛細血管網と呼ばれる数多くの洞様毛細血管のループが形成されているが,これらは,隆起部の中に出て数本の静脈となって下降し,前葉に達して再び二次毛細血管網と呼ばれる洞様毛細血管網を形成する。このような構造は下垂体門脈系と呼ばれる。視床下部の諸核の神経細胞でつくられ,神経終末まで下降し一次毛細血管に分泌された前葉ホルモン放出ホルモンreleasing hormone(RH)が,この系を通って前葉に向かい,それぞれの腺細胞を刺激して分泌を支配する。…

※「下垂体門脈系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下垂体門脈系の関連キーワード甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン肝門脈系門脈

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android