血管系(読み)ケッカンケイ

百科事典マイペディアの解説

血管系【けっかんけい】

動物の器官系の一つで,心臓と血管からなる。無脊椎動物では末端部で血管をもたない開放血管系と,毛細血管を介して動脈と静脈が連続する閉鎖血管系とがある。脊椎動物では,リンパ系とともに循環系(脈管系)を構成する。ヒトでは心臓から出た動脈血は,大動脈とその枝脈によって全身の毛細血管網に供給される。そこでガス交換を行った静脈血は大静脈を経て心臓に戻る。これを体循環と呼ぶ。肺循環(小循環)では,心臓に集まった静脈血を肺動脈によって肺に送り,そこでガス交換を行った動脈血は肺静脈によって心臓に送り返される。一般に血管は2分岐性の枝分れをするが,その枝がつながり合って動脈網,静脈叢(そう)などの網を作ることもある。
→関連項目循環系

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんけい【血管系 blood circulatory system】

動物の体制が複雑化するにつれ,体の内側に位置する細胞は,まわりをびっしり他の細胞に囲まれるため,酸素や栄養の供給,老廃物排出などの面で著しく条件が悪くなる。この点を解決する手段の一つとして発達する機構循環系で,体液媒体として栄養物,代謝産物,酸素,二酸化炭素,体熱などを運搬している。酸素は細胞,ひいては1個体が生きていくために不可欠なものであるが,その取入れ方は単に体表面から拡散によって取り入れるものから,呼吸色素担体とし循環系によってガス交換の場に運ばれるものまで,動物の進化段階に応じてさまざまな方式がとられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血管系
けっかんけい

脊椎(せきつい)動物ではリンパ系とともに循環系を構成する管系で、無脊椎動物ではこの区別がないので循環系と同義に用いられる。心臓と血管とからなり、脊椎動物や環形動物の血管系は血液と組織細胞が直接に接触しない閉鎖血管系であるが、節足動物や軟体動物の血管系は開放血管系で、血液は動脈の開放末端から組織間隙(かんげき)に押し出され、体内を循環したのちに直接心臓に戻る。

 心臓は血管内の体液、すなわち血液を一定方向に送る器官で、環形動物などでは背側血管の膨大部の蠕動(ぜんどう)運動により血液を送る。節足動物と軟体動物では血管の特定部分に筋肉と弁が発達し、その拍動により血流をつくる。軟体動物の心臓は節足動物のものよりよく発達し、心房と心室とが分化しているものが多い。脊椎動物の血管系では、静脈洞、心房、心室、動脈球の4部分からなる心臓が分化している。魚類はえら呼吸型循環系で、動脈球→鰓(さい)動脈→えら→大動脈→全身→静脈洞という単一の循環路をつくる。しかし両生類以上の肺呼吸型循環系では、肺循環(小循環)と体循環(大循環)の2循環路がある。肺の出現と関連して、両生類の心房は、静脈洞に接続する右心房と、肺静脈を受ける左心房とに分化する。爬虫(はちゅう)類になると心室内に隔壁が生じ、鳥類と哺乳(ほにゅう)類では左右の心室が独立して肺循環と体循環は完全に分離する。

 血管系の役目は、酸素、二酸化炭素、栄養分、老廃物、ホルモン、抗体などの運搬がおもで、恒温動物では体の各所の温度維持にも役だっている。

[川島誠一郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けっかん‐けい ケックヮン‥【血管系】

〘名〙 脊椎動物で、血液の通路となる管系。リンパ管系と合わせて循環系という。動脈系、静脈系、毛細管系に分けられる。無脊椎動物では循環系または脈管系と同義に用いる。
※七新薬(1862)三「神経系及び血管系の知覚・刺衝の両機亢進せる者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android