コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村正啓 しもむら しょうけい

2件 の用語解説(下村正啓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

下村正啓

江戸中期の商人。山城生。幼名は竹兵衛、のち彦右衛門。古手と呉服の卸売店大文字屋(大丸屋)を創業。大坂・名古屋・京都・江戸に次々と呉服店を開業し、正札付き現銀売りの商法で、越後屋白木屋らと並ぶ有力町人となった。寛延元年(1748)歿、60才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone