コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下顎神経 かがくしんけいmandibular nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下顎神経
かがくしんけい
mandibular nerve

三叉神経の第3枝。感覚神経線維のほかに三叉神経の運動根から来る運動神経線維を含む混合性の神経。三叉神経節から出て蝶形骨卵円孔を通って側頭下窩に出,硬膜,咀しゃく筋,頬粘膜,耳介外耳道などに枝を与えたのち,舌神経,下歯槽神経の2終枝に分れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の下顎神経の言及

【三叉神経】より

…橋に向かうほうの突起は全体として太い1本の神経幹にまとまっているが,末梢のほうへ向かう突起は,三叉神経節の近くでは,大きく3本の神経にまとまっている。すなわち,頭顔部の頭のほうや眼の周囲に向かう眼神経(三叉神経第1枝),上顎のあたりに向かう上顎神経(三叉神経第2枝),下顎部に向かう下顎神経(三叉神経第3枝)の3本であり,太い1本の神経幹が三叉神経節よりも末梢の部では3本に分かれてみえるところから〈三叉〉神経とよばれるわけである。もちろん,3本の主枝もそれぞれ多数の末梢枝が集まって形成されている。…

※「下顎神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下顎神経の関連キーワードそしゃく筋咀嚼筋神経痛

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android