コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三叉神経 さんさしんけい trigeminal nerve

7件 の用語解説(三叉神経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三叉神経
さんさしんけい
trigeminal nerve

脳神経の第5対で,感覚性の大部と運動性の小部から成る混合神経。菱脳より発し,感覚性の大部は三叉 (半月) 神経節をつくり,その先が眼神経,上顎神経下顎神経に分れる。運動性の小部は三叉神経節の内側を経て,下顎神経と合し,咀しゃく筋の運動を支配する枝を出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんさ‐しんけい【三×叉神経】

延髄から出て、眼神経・上顎(じょうがく)神経・下顎神経の三つに分かれる神経。第五脳神経で、顔面の知覚、咬筋(こうきん)の運動をつかさどる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三叉神経【さんさしんけい】

脳神経の第5対で第5脳神経ともいう。菱(りょう)脳から起こり,頭蓋底で半月神経節という神経節をつくり,眼神経,上顎(がく)神経,下顎神経の3本にフォーク状に分かれるのでこの名がある。
→関連項目三叉神経痛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

三叉神経

 第V脳神経で,眼神経,上顎神経,下顎神経に分かれ,主に顔面周囲に分布している.その大部分は感覚神経である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんさしんけい【三叉神経 nervous trigeminus】

第5脳神経ともよばれ,頭顔部の皮膚,歯髄,口腔粘膜,舌の前方2/3の領域の粘膜,鼻腔粘膜,眼球や眼瞼の結膜,角膜,外耳道や鼓膜の一部などからの表在性感覚(触覚,痛覚,温度覚。なお,ハブにある赤外線をとらえる孔器pit organには三叉神経が密に分布している)のほか,表情筋・咀嚼(そしやく)筋・外眼筋・舌筋などからの筋肉の感覚や,歯根膜・顎関節などからの深部感覚を脳に伝達する感覚神経である。この神経は脳神経のなかでは最も太く,脳幹の〈橋(きよう)〉とよばれる部分へ入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんさしんけい【三叉神経】

脳神経の中で最も太いもの。橋きようの手前にある三叉神経節から出て、末梢に向かう方の突起が眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝に分かれる。頭部および顔面の大部分の感覚と咀嚼そしやく運動を支配。第五脳神経。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三叉神経
さんさしんけい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三叉神経の言及

【延髄】より

…延髄側索にも二つの高まりがある。一つは灰白結節で中にある三叉神経脊髄路核に相当し,他の一つはオリーブの形をしているところからオリーブと呼ばれるものである。その内部にはオリーブ核がある。…

【顔面痛】より

…顔面部に生ずる痛みは顔面神経痛と呼ばれることがあるが,顔面の感覚は主として三叉神経(さんさしんけい)によって伝えられ,顔面神経は運動性の神経であるから正しくは顔面痛と呼ぶべきである。顔面痛はいろいろの原因によって生じ,それによってその症状や治療もさまざまである。…

【橋】より

…この空間は第四脳室と呼ばれ,髄液(脳脊髄液)で満たされている。橋からは三叉(さんさ)神経と外転神経が,橋と延髄の移行部からは顔面神経と内耳神経などの脳神経が出る。橋の内部には,これらの脳神経の核や脳の上位または下位の中枢と結合する神経路が多数存在する。…

【筋肉】より

眼筋
[咀嚼筋]
 咬筋,側頭筋,内側翼突筋,外側翼突筋の4筋があり,いずれも頭蓋の骨(側頭骨,蝶形骨など)から起始して,下顎骨に停止する。すべて三叉(さんさ)神経(詳しくはその第3枝である下顎神経)の支配を受ける。したがって,顔面神経が麻痺しても,咀嚼能力に変りはない。…

【脳神経】より

…この神経は,橋と延髄の境界部で脳の腹面から出てくるが,眼球に達するまでに脳底部を走行する距離が比較的長く,単独で損傷されることがしばしばある(これを外転神経麻痺という)。 第5脳神経は三叉神経(さんさしんけい)nervus trigeminusで,頭顔部の感覚の大部分を脳幹の橋に伝達するが,この神経には咀嚼(そしやく)筋(下顎を動かす横紋筋),鼓膜張筋,口蓋帆張筋を支配する運動神経も含まれている。 第7脳神経の主要素は顔面神経nervus facialisで,表情筋や耳介筋の運動神経であるが,顎二腹筋の後腹や中耳にあるあぶみ骨筋の運動神経も含まれている。…

【鼻】より

…ウサギなど嗅覚の発達した動物では,ヒトでいう上鼻甲介と中鼻甲介の大部分が嗅上皮でおおわれている(上述したようにヒトでは,嗅上皮でおおわれているのは嗅裂の上方の約1/3のみである)。鼻腔の感覚神経(痛み,温度を感ずる神経)は三叉(さんさ)神経の分枝である眼神経と上顎神経とによる。このほかに上顎洞後壁の後ろにある翼口蓋窩に位置する翼口蓋神経節を介して交感神経と副交感神経とが分布する。…

※「三叉神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三叉神経の関連キーワード歯髄舌下神経内耳神経脳神経迷走神経脳神経節肋間神経歯髄壊死第5脳神経第12脳神経

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三叉神経の関連情報