コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝶形骨 ちょうけいこつsphenoid bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蝶形骨
ちょうけいこつ
sphenoid bone

頭蓋底中央部,鼻腔の後上方にあるチョウが羽を広げたような形をしており,その中央に下垂体窩がある。幼年期までは体部,翼部,翼状突起などに分離しているが,成長するにつれて癒合して単一の骨となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうけい‐こつ〔テフケイ‐〕【×蝶形骨】

頭蓋底(とうがいてい)の中央にあり、眼窩(がんか)の後壁をなす、蝶の形をした骨。楔状骨(けつじょうこつ)。胡蝶骨(こちょうこつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうけいこつ【蝶形骨】

頭蓋骨の一。頭蓋底の中央部に位置する骨で、その中央に脳下垂体を入れる体と、これから出る左右各一対の大翼・小翼および翼状突起から成る。蝶が羽を広げた形に似ている。楔状骨けつじようこつ。胡蝶骨こちようこつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蝶形骨の言及

【頭骨】より

…軟骨頭蓋に由来する一次骨は脳腔の側面,底部および後部の付近に局在し,四つの領域に区分することができる。すなわち,眼窩(がんか)側頭部には4種6個の骨(哺乳類では合一して蝶形骨と篩骨(しこつ)の一部になる),耳の迷路部には5種,両側で10個の骨(哺乳類では岩骨になり,ヒトではこれが皮骨の鱗状骨と合して側頭骨になる),篩骨部には2種3個の骨(哺乳類では篩骨の大半になる),後頭部では脊髄の出口(大後頭孔)を取り囲む3種4個の骨(哺乳類では後頭骨になる)のほか,耳小骨が1種2個(哺乳類では3種6個),以上合計15種25個(哺乳類では7種11個)の軟骨性骨が分化する。軟骨魚類では脳は軟骨頭蓋で完全に覆われているのに対し,硬骨魚類以上では脳の天井,つまり頭頂部は前頭骨,頭頂骨,後頭頂骨など(哺乳類では3種5~6個)の皮骨に覆われる。…

※「蝶形骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蝶形骨の関連キーワードベレンガーリョ・ダ・カルピ頭蓋骨(とうがいこつ)鼻のしくみとはたらき頭蓋(とうがい)急性副鼻腔炎ガリレー人リコプテラタイ(魚)脳ヘルニア下垂体腺腫サケスズキトルコ鞍鼻のがん下顎神経脳下垂体副鼻腔炎頭蓋底頭蓋骨副鼻腔卵円孔

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝶形骨の関連情報